So-net無料ブログ作成
検索選択

皐月賞最終追い切り速報!! [競馬情報]

共同通信杯を勝って、皐月賞(4月16日・中山芝2000m)に出走を予定している
スワーヴリチャード(栗東・庄野靖志厩舎)。

予想オッズでも1番人気(12日11時現在)の支持を受けているが、今朝はレース
に向けた最終追い切りをCWで行っている。

四位洋文騎手が跨って、ウォーターレスターを追走。向正面での2頭の差は
2秒以上あったが、1Fごとに距離を縮めていき、4コーナーでは射程に入れて
コーナーを回ってくる。

最後の直線は内に進路を選んで、最後は馬体を並べての追い比べ。
といっても、こちらの手応えは最後まで余裕十分。ゴールではクビか半馬身ほど
先着してフィニッシュし、時計は6F81.4~5F65.4~4F51.3~3F37.6~1F12.0秒。

輸送があるからといって手控えるようなこともなく、しっかりとやってきた点は不安
がない証拠。
むしろ過去の最終追い切りと比較しても、6F時計は一番速いだけに、大一番に
向けて、渾身の仕上げといってよいのかも知れない。



デビューから3連勝で皐月賞(4月16日・中山芝2000m)に出走するファンディーナ
(栗東・高野友和厩舎)。勝てば69年ぶりの牝馬優勝となるわけだが、予想オッズも
1番人気とほとんど差のない2番人気の支持。

今朝も坂路馬場でレースに向けた最終追い切りを行っている。

1本目を77.4秒で駆け上がった後、2本目にインヘリットデールを追走する内容。
2F目あたりからピッチが上がり、前に並びかける。ラスト1F標識の手前で迫力十分
に追い抜いていくと、相手がラチの方へヨレてしまう。
圧力のある走りは、相手が違うのに先週と同じ追い切りを見ているよう。

時計は4F54.5~3F39.5~2F26.2~1F13.1秒と先週より遅い。
しかし、今朝の坂路はウッドチップ入れ替えと月曜日から火曜日に降り続いた雨の
影響を受けて、非常に力がいる重たい馬場。

それを考慮すると、先週より時計的な評価も上で、力がいる馬場でもまっすぐ走れる
ところがいい。
いろんな課題もあるだろうが、それを考慮しても勝ち負けを期待したくなるスケール
あることは間違いない。













nice!(65)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ