So-net無料ブログ作成

チャンピオンズCの見どころ !!


外国馬の参戦こそないものの、ダート路線のチャンピオンを決めるのに相応しい
豪華メンバーが集結。
その中でも注目はアウォーディーだろう。JBCクラシックに続くGI連勝で王位を
不動のものとすることができるか。

出走を予定している主な有力馬は次の通り。

アウォーディー(牡6、栗東・松永幹夫厩舎)はJBCクラシックでGI初制覇。
昨秋のダート転向後、負けなしの6連勝で頂点に立った。
今回も前走同様に強敵揃いだが、これを打ち破って中央のGIタイトルも手にする
ことができるか。

コパノリッキー(牡6、栗東・村山明厩舎)は1番人気に支持されたJBCクラシックで
5着と完敗を喫したが、これは距離が長かったか。
本レースも2年続けて1番人気で惨敗しているが、C.ルメール騎手との久々のコンビ
で雪辱を果たしてほしいところだ。

ホッコータルマエ(牡7、栗東・西浦勝一厩舎)は前走のJBCクラシックで2着。
抜群のスタートから2番手につけ、直線ではアウォーディーと競り合って差し返そう
とするところを見せるなど、まだまだトップクラスの実力があることを示した。
引退まで残り2戦、自身が打ち立てたGI(級)競走の勝利数記録を更新することが
できるか。

その他、アウォーディーとの兄弟対決に注目が集まるラニ(牡3、栗東・松永幹夫
厩舎)、JBCクラシック3着のサウンドトゥルー(セ6、美浦・高木登厩舎)、前走惨敗
からの巻き返しを期すGI馬モーニン(牡4、栗東・石坂正厩舎)、R.ムーア騎手と
コンビを組むノンコノユメ(セ4、美浦・加藤征弘厩舎)、3歳馬ゴールドドリーム(牡3、
栗東・平田修厩舎)なども戴冠を狙う。



ブログを作る(無料) powered by So-netブログ