So-net無料ブログ作成

マイラーズC 追い切り情報!! [競馬情報]

19日、マイラーズC(G2)の追い切りが栗東トレセンにて行われた。

●前走、洛陽S1着のダッシングブレイズ(牡5、栗東・吉村厩舎)は、
浜中俊騎手を背に大きく前を行かせた古馬500万のアルコステラートを
馬なりのまま捕まえて6F83.9-67.4-52.0-38.2-12.1秒のタイムで
3馬身先着。先週も浜中騎手を背に一杯に追われて6F81.4秒の好タイム
を出しており、ここへ向けてキッチリと仕上がっている。

吉村圭司調教師も「今週はジョッキーに感触を確かめてもらいました。
動きもよかったですよ。前走で賞金を加えることができたし、ここを目標に
思い通りの調整ができました。ここにきて馬も緩さが抜けて、しっかりしてきた。
気性的に休み明けも苦にしない。タイトルをとって今後につなげていきたいで
すね」とトーンは上がるばかりだ。

●昨年の勝ち馬で、その勝利以来の実戦復帰となるクルーガー(牡5、栗東・
高野厩舎)は、皐月賞ジョッキーの松山弘平騎手が手綱をとって坂路で終い
重視の調整。
ゴール前で軽く気合を付けられると軽快な足取りで坂路を駆け上がり、
4F53.2-38.9-25.5-12.5秒でフィニッシュした。

「先週までにハードに攻めているので今週はそれほど時計を出す予定はあり
ませんでした。速い時計でなくても負荷のかかる馬場。いいでしょう」と高野友
和調教師も納得の動き。
「骨折明けで1年振りの出走。体にもまだ余裕が感じられるのがどうかも、
調教量は十分だし、レースでも動けて不思議ないぐらいの動きはできています」
と底力に期待を寄せる。




nice!(83)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

nice! 83

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ